映画『ライオット・クラブ』の感想・評価、ネタバレ、無料動画まとめ

2014年発表のイギリス映画『ライオット・クラブ』の評価についてまとめました。
また、動画を無料視聴できるサイトも紹介しています。

これからライオット・クラブを見ようと思っている人は参考にしてくださいね!

ライオット・クラブのあらすじとネタバレ

ライオット・クラブのあらすじを箇条書きで説明していきます。

イギリスの名門、オックスフォード大学にある会員制クラブ『ライオット・クラブ』。上流階級のエリートしか会員になれず、その会員は輝かしい将来が約束されている。

新入生のアリステア(サム・クラフリン)とマイルズ(マックス・アイアンズ)がクラブのメンバーになることで物語は始まる。

特権階級の仲間入りを果たした2人は浮かれていたが、クラブの歓迎パーティで下劣な事件が起こることに・・・

歓迎パーティが開催されたのは郊外のパブ。VIPルームに入ったクラブのメンバーは悪ふざけをして店をめちゃくちゃにする。権力を立てに店の料理にいちゃもんをつけたり、客を罵りだす。

彼らの悪戯はエスカレートし、とうとうパブを破壊し始める。そして逆上したオーナーに暴力をふるい病院送りにしてしまう。

クラブのメンバーは、新会員のマイルズ一人に責任を追わせようとする。しかし警察の捜査は誤魔化せず、クラブは崩壊寸前まで追い込まれる。

クラブに幻滅したマイルズは脱退し、ついには大学も自主退学することに。アリステアも大学を追われるが、叔父の政治家によって将来の地位を保証してもらった。

ネットでのライオット・クラブの感想&評価

ライオット・クラブのネットでの評価は以下の通りです。

■Amazon ★★★☆☆

■Filmarks ★★★☆☆

■Yahoo!映画 ★★☆☆☆

■映画.com ★★★☆☆

■ぴあ映画生活 ★★★★☆

■Movie Walker ★★★☆☆

ユーザーレビューをいくつかご紹介します。

クズがでてくる映画は面白いけど、ちょっとクズさが物足りない

出演者の綺麗な容姿とゲスさのギャップがすごい。

映画をうまく作れているということなんだろうけど、とにかく胸糞悪いストーリーだった。

嫌悪感が湧くが、こういう上流階級の裏側が見れる映画は面白い。

登場人物の掘り下げが浅かったのが残念。クズさは良かった。

尺が足りない感じ。ドラマシリーズならヒットすると思う。

サム・クラフリンがイケメンすぎた。ただ、登場人物には全く感情移入できない。

全然スカっとする結末でなく、ただ気分が悪くなるだけ。それでも面白く一気に見てしまった。

イケメン目当てでライオット・クラブを見ると後悔するかも。クズしかでてこず胸糞悪い。

無料動画を見れるサイトは?

ライオット・クラブは下記の動画配信サイトで視聴できます。
dTVの1ヶ月お試し期間を利用すると無料です。

dTV(1ヶ月間無料視聴可能)

Amazonプライム

TSUTAYA TV

管理人の総評

主演のサム・クラフリンをはじめイケメンが多数登場するが、脚本はお世辞にも優れているとは言えない。
上流階級の真実(下衆さ)は上手く描けているが、ストーリーには没頭しにくかった。

視聴者が共感できるようなキャラクターを登場させ、第3者の視点からサム・クラフリンが豹変していく姿を描けばマシだったのではないかと思う。

下衆な外国人イケメンが好きな人以外にはあまりオススメできない映画。